財産分与 車 査定|台数をへらして経費節減をするというのが

長年使用した自動車を手放さないといけない時があります。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は買い替えせずに台数をへらして経費節減をするというのが目的でしたから、買い取り業者にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入しましたので、車検を1回と1年だから、だいたい4年ということです。4万キロの走行距離で、年1万キロペースなので、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。ただ素人の私にはこの車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、色々と入力しデータ通信しています。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、かなり厳しい金額だと苦笑いしていました。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

財産分与 車 査定|店舗があったと思いだしたので

就職先も決定したおかげで、両親に車を買ってもらいました。大学を卒業してからは、買ってもらった車に乗って通勤しておりました。この度転勤が決まり、車をもっていくかどうかで困っていました。地方において車は、必須項目で欠かすことができません。でも電車などが網羅されている都市部においては、自動車がなくてもさして日常生活に支障が出るとは思えません。それ以上に駐車場のことや維持管理まで考えると、生活費への負担が積み重なってきそうなのでこれをきっかけに売却を検討することにしました。

そこで自宅周辺の、大手の車買い取りショップの店舗があったと思いだしたのでそこに車で伺って、そのまま査定してもらったのです。予想していたよりも安い価格が提示され、思わず落胆してしまったのでそこでは売らずに、他で高く買ってくれるところを調べてみることにしました。

するとネットで査定できるようなので、すぐに査定をお願いしたのです。年式や走行距離事故歴などをマスに入れていくと、厳選された複数の買い取り業者が査定見積もりを出してくれます。1回の入力で複数の登録が一括でできるので、手間を節約できるから楽ちんです。こうして調べてみましたが、希望以上の高値だった買い取り業者があり、そこへ売ることにしました。

ネットで査定してもらって頂戴した金額は大きな差がありましたので、ネットの査定サイトを利用して本当に助けられました。交渉もできたので、思っていた以上の高額で買ってもらうことができました。自動車を売る場合があれば、無料の査定サイトを活用することをおすすめします。

ピックアップ記事

最終更新日 2019/08/09 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2019 車 買取 札幌 安心 All rights reserved.