車 下取り 売却益|少なくとも2社できれば3社には

新型の登場とともに、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になっています。

それまで下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その査定額の差にビックリしました。それにより下取りは止めることにして、自動車買い取り店に売却する話となりました。

車一括査定サイトで比較検討したところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は最高額の業者さんに依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトを参照すると少なくとも2社できれば3社には出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。

3社で相見積もりを取る理由は、査定士さんが目視することで、査定額がハッキリと判るからだと思います。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考にはなりますが詳細は車によって異なります。そこで3社に出張依頼をして、来ていただきました。

出張査定の時間は1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定してもらうことになりました。査定してもらった結果、サイトで表示された概算査定額2位の査定士さんが1位の査定額を抜いて、最高金額を提示してくれました。ネットでは68万円という査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者があったことを伝えてみると、78万まで増額してくれたのです。

車 下取り 売却益|クルマを持って帰るような

今回売ったクルマなのですが昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探しまくっていたら、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。

ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、次々と予想外の問題があり、購入から半年ほどで手放したくなりました。職場の近くの車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて20万が上限とのことです。

私はこの車を半年前に総額70万で買いました。単純計算では、半年50万程度も消化してしまったことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた知名度のある買い取り店に無料査定を依頼しました。査定見積もりしてもらった結果は、26万円となり引き取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、複数社に査定してもらわなければ、6万円損した感じで売ることになった可能性があったのですからまだ助かったと言えます。そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。その為、後日来られる際に輸送代を取られてしまいました。もしも売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2019/08/09 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2019 車 買取 札幌 安心 All rights reserved.