車 下取り 譲渡|気にしていたあの部分も

前に乗っていた車は、ボンネットのところがなぜか白っぽくなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかオンボロ車のように見えてしまいます。洗車をしてから査定してもらいに行ったところ、ボンネットのところの色が査定額に影響すると聞きました。

カーショップのようなところに行って目立っている白い部分を戻すような方法を探したところ、手軽に艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、とても綺麗になりました。それを見た人から新しく車を買ったのかと言われました。

再度車買い取りの為の査定に出したところ、前回よりも査定額がアップしました。年数も経っている車なのでどうなるのかと思っていましたが、希望よりも高く査定してくれたのでよかったです。気にしていたあの部分も特に指摘もありませんでした。白くなりかけていたところも周りの色に馴染ませられたし、これまでよりもそれ以上につややかにする事ができたのが嬉しかったです。

車買い取りを依頼する時には、車の艶を出しておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定額が上がるかもしれません。査定額のアップと艶を出すための手間とアイテムの費用とを良く比較してみて、得な気がしたら手入れするのも良いと思いませんか。1000円程度のワックスで、数万円の差が出るならいいですよね。

車 下取り 譲渡|70万出して買いました

買い取りしてもらったクルマは少し前に中古で買った車でした。昔からスポーツタイプの自動車に憧れていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで質の良い中古車を探していましたが、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。

ですが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で買い替えを考えました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に持ち込み査定してもらったら、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。私は半年前にその車を70万出して買いました。これを計算すると、半年で50万円も失ったことになります。これでは納得できないので、知り合いが売却していた知名度のある買い取り店に査定の依頼をしました。査定の結果としては、26万円となり引き取っていただきました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売却することになった可能性があったのですから助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、クルマを持って帰るような段取りはされていませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売却するつもりならば、最初から言っておけばよかったと反省しています。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2019/08/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2019 車 買取 札幌 安心 All rights reserved.