車 査定 年数|しないことにして

お気に入りの車種の新モデルと同時に、買い替えのためにマイカーを売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、査定額は期待していたよりも少なく、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になっていました。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。それにより下取りはしないことにして、自動車買い取り店に売却しました。

車一括査定サイトで比べてみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、31万円から76万円まで金額にバラつきがあったのです。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、買い取りサイトをよく見てみると2-3社には出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。

3社に見積もりを出す理由は、実際に目視による査定を受けることで、実際に買い取ってもらえる額が判ります。ネット上で判る査定額は、参考値でしかなく決定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらうことにしました。

出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土日など休みの日に査定を受けることにしました。出張してもらっての査定の結果、ネット査定額2位のお店が1位の査定額を抜いて、最高額の金額を出してきました。ネットでは68万円という査定額だったのですが、それよりも高い査定の業者がいたことを知らせてみたら、78万弱までアップしてくれました。

車 査定 年数|国産のクルマは海外で特に高い需要があります

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取って貰えました。考えていた以上で高額査定にはビックリです。認知度が高いクルマや人気の車が高値と思っていたのです。ネットで調べてみたところ、ある情報ではその通りで、珍車は高額になりやすく売却しやすいとありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気車種が高値で売れやすいとありました。但しその理由は特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人特有の、大切に扱う習慣も影響しているようです。私は日本人ですが、日本の車は世界レベル以上と信頼しています。

今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、もしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。もちろんそれが国内で利用されるのであればうれしいですね。

自動車を買い取ってもらうときは、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこを走り、どこにいるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。自動車を手放すときには複数の車を売りたいと思うお客さんがいて、売りたい人と買いたい人のバランスが取れているんだなと思いました。

素敵な日本で、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。買い取りを通じて、色々なことを学んだ出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2019/08/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2019 車 買取 札幌 安心 All rights reserved.