車 査定 沖縄|クルマの買い取り査定は

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。なんだか切ない気分にもなり、でも次の車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた自動車を売ることになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目標だったので、買い取り業者にだけ査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり新車登録から4年経過です。走行距離数は4万キロ、1年で割れば10,000キロ程度ですから、特に多いわけでもありませんし、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2社にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、高額の査定をしてくれるところに売却したいものです。ですが私には乗っている車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比べてみたいなと思いました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからパソコンを持ち出して、ソフトに入力していって送信していました。結果は71万円と言われました。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると本社の許可がいるので明日返事するとのことでした。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。他社の見積もりの方が高かったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。その後すぐに最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そこで決めました。

車 査定 沖縄|国産メーカーの自動車は

珍しいクルマを買い取りに出したら、なぜか高額査定となり買ってもらえました。思っていたよりも高額査定にはビックリです。みんなが知っている車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットで調べてみたところ、ある情報では予想に反して、珍しい車などは高額が付きやすく売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、認知度が高い車や人気の車種が高く売れるとあったのです。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。

国産メーカーの自動車は海外では大切に扱われます。日本人特有の、ものを大切にする習慣も影響しているようです。私は日本で生まれましたが、日本の自動車は世界レベルと絶大な信頼を置いています。

買い取ってもらった自動車も国産の車ですが、想像すると外国に持って行くのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろん国内で使って貰っても嬉しいです。

車買い取りの際は、乗ってきた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りや次の乗り手を思い浮かべる楽しさなどがあります。可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、何処に留まっているのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、どこにせよ子供の旅立ちのような感じです。クルマを手離すときにはクルマを買いたいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよくなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからもまだ使える車が欲しい人に譲られていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2019/08/09 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2019 車 買取 札幌 安心 All rights reserved.