車 買取 アップル ガリバー|走行距離はだいたい40000キロ

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もりをしてもらいました。

中古ではなく新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

誰でも車を売るとなれば、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。でも素人には自分の乗っていた自動車の相場というのが判らないので、2社に依頼し、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。

最初に来てもらった会社は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、いくつか入力してから通信をしていたようです。査定結果は70万ちょっと。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、66万円という査定額でした。他社の見積もりの方が高かったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、うちではその額は難しいと白旗を挙げられてしまいます。それからしばらくして最初に査定してもらったところから、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、喜んでOK出しました。

車 買取 アップル ガリバー|わずか半年で売却することにしました

今回車買い取りをしてもらった車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗りたいと思ってましたが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していましたが、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。

しかし、喜んで乗っていたのですが、あれもこれもと故障がでてしまい、わずか半年で売却することにしました。職場の近くの車買い取り業者に出張査定を依頼したところ、最大限頑張っても相場以下の20万円らしいです。この自動車は半年前に70万出して買いました。計算したくもありませんが、約50万円を半年で消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。その結果、26万でしたので買い取ってもらえました。2社の比較ですが6万円の差になったみたいです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く売ることになっていたかもしれないのですから助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりだったのですが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、クルマを引き取るような準備をしていませんでした。その為、後日来られる際に輸送代を取られてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2019/08/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2019 車 買取 札幌 安心 All rights reserved.